早島妙聴日本道観住持道長・日本タオイズム協会理事長が第四回国際道教論壇に招待を受け、論文発表 | 日本道観(公式ホームページ)
HOME > 日本道観 タオイズムの研究と世界との交流 >早島妙聴日本道観住持道長・日本タオイズム協会理事長が第四回国際道教論壇に招待を受け、論文発表

早島妙聴日本道観住持道長・日本タオイズム協会理事長が第四回国際道教論壇に招待を受け、論文発表


2017年5月10日~12日、第四回国際道教論壇(The 4th International Taoist Forum)が中国湖北省十堰市武当山にて開催された。

第四回国際道教フォーラムには、 30の国家と地区における、道教及び社会各界の代表者600名余が参加、
「道通天地 徳貫古今」をテーマとして開催され、

一般財団法人日本タオイズム協会早島妙聴日本道観住持道長・日本タオイズム協会理事長は、 中国道教協会と中華宗教交流文化協会より招待を受け出席、 5月11日、十堰市武当大劇場における「仙道貴生と身心健康」サブフォーラムにて論文発表
「高齢化社会に向かう人類未来へ、TAO Life 生涯現役に生きる  (『老子道徳経』の哲学と『黄帝内経』、『千金方』に学ぶ)」を行った。


タオイズムの哲学についてもっと知りたい、学びたい方は

日本道観「道家道学院事務局」
0120-64-6140(老子無為自然 ろうしむいしぜん)
<受付時間> 10:00~19:00
メールフォームはこちら
ページ先頭へ