――無為自然に、明るく楽しく、豊かに生きる――
これが、日本道観の目指す生き方です


その生き方とは、『老子』『荘子』に説かれているタオイズムの哲学に添って、対立の無い、無為自然の生き方をすることです。

日本道観では、長年に渡りタオイズムの研究を行い、各国の道教・タオイストの皆様との交流を深めながら、研究成果を世界に伝える活動をしています。

嗣漢天師府にて道士の資格を取得された早島妙瑞住持道長と早島妙聴副住持道長
2004年5月9日、嗣漢天師府にて道士の資格を取得された
早島妙瑞住持道長と早島妙聴副住持道長。
嗣漢天師府第六十四代天師・張源先先生より、嗣漢天師府首席顧問(妙瑞住持道長)の、
そして顧問(妙聴副住持道長)としての認証式

この度の、熊本地震において、被災された皆様へ心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い地震の収束を心よりお祈りいたします。

世界のタオイスト -日本道観の交流-