PCサイトを見る 
HOME 書籍 酒風呂 お茶 コラボ
Tシャツ
TAOの本専門店 早島BOOKSHOP

自己治癒力を高める 気の生命活性術

自己治癒力を高める 気の生命活性術

注文する amazonで購入>>
早島正雄 著
定価(税抜)1,400円
出版社:日本文芸社
もくじ

第1章 人相が変われば人生のツキが回ってくる!

  • 「邪気」を体内から追い出せば、人相はどんどんよくなる!
  • 生まれたときから“顔つき”の悪い人など一人もいない!
  • “泣き顔の相”も、自信あふれた顔になる!
  • 目つきの悪い人に共通する、こんな性格
  • マイナス思考が“への字口”をつくる
  • 顔の欠点は整形で解消できる?
  • 詐欺師呼ばわりされた人相が治り、売り上げが上がった!
  • 男性恐怖症につながる体型のコンプレックス
  • 導引術で心も体も生まれ変わる!

第2章 顔型、人相、体型でわかる“心と体の弱点”

  • 人相と体格から、心身のトラブルが手にとるようにわかる!
  • “気色”がどこにあるかで、運命、性格が読める
  • 顔型から性格と運勢がわかる
  • 人相から内臓の様子がわかる
  • まぶたに表れる胆のうの異常
  • 目に表れる肝臓の異常
  • 鼻に表れる大腸の異常
  • 耳に表れる膀胱の異常
  • 唇に表れる小腸の異常
  • 歯に表れる肺の異常
  • 舌に表れる心臓の異常
  • 体型でわかる運勢と性質

第3章 クセで見抜く体の不調

  • “クセ”は心と体の不調を伝えるシグナル
  • 導引術ならば簡単にでき、効果もすぐに表れる
  • 老化も導引術で防ぐことができる
  • 血行不良………【見分け方】体をゆらしながら歩く
  • 高血圧………【見分け方】何にでもしょう油をかける
  • 肝臓………【見分け方】すぐに追い越しをしたがる
  • 肝臓………【見分け方】手のひらが赤い
  • 歯槽膿漏………【見分け方】ロを手で隠して話す
  • 胃………【見分け方】腹をしきりにさわる
  • 胃………【見分け方】げっぷが出る
  • 便秘………【見分け方】偏った食事をしている
  • 痔………【見分け方】辛いものを好む
  • 頭の疲れ………【見分け方】しきりに首を回す
  • ちくのう症………【見分け方】高い所を怖がる
  • 顔色が悪い………【見分け方】写真をとられるのを嫌う
  • 虚弱………【見分け方】いつもポカンと口を開いている
  • 精力不足?………【見分け方】靴底の外側が極端に減る
  • 精力不足?………【見分け方】足を引きずるように歩く
  • 肩こり………【見分け方】猫背になっている
  • 脳の衰え………【見分け方】物忘れが多くなる
  • ワキガ………【見分け方】腕を振らずに歩く

第4章 心を鍛える導引術

  • クセから心の奥をうかがうこともできる
  • イライラする………【見分け方】つねに「~でなければならない」と考える
  • 腎臓が弱い………【見分け方】やる気がわかない
  • OAストレス………【見分け方】オフィスで肩をすぼめて歩く
  • 気が弱い………【見分け方】しゃべる声が小さい
  • 頭が硬い………【見分け方】白髪、薄毛
  • 神経質………【見分け方】乗り物酔いをする
  • ぐちっぽい………【見分け方】えらが張っている
  • 頑固………【見分け方】頭に張り付くような目立たない耳
  • かんしゃく持ち………【見分け方】口元が「への字」に下がっている
  • 物欲が強い………【見分け方】無表情である
  • 老化………【見分け方】姿勢が悪い
立ち読み

「邪気」を体内から追い出せば、人相はどんどんよくなる!

私の提唱する導引術は、中国古来の健康法であると同時に、人相、つまり人の顔や体型、クセを見ることについても教えている。
人相といっても、街角などでよく見かける「人相見」とは少し違う。導引でいう人相は、顔つきだけでなく、全体の体つきやクセまでを対象としている。
人の顔やクセ、体型などをじっくりと観察してみると、じつに千差万別である。同じ顔つき、体つきの者はふたりといない。よく似た人もいるが、じっくりと見ればどこか違いが見えてくるものだ。
こうした観察はおもしろい。その人の性格や人生観ばかりでなく、健康状態まで見えてくるからだ。
よくない顔つきや体型、クセを持っている人は、かならずといっていいほど問題を抱えている。「胃腸が悪い」「スタミナがない」「体が弱くて実力が発揮できない」など体に不調を訴えている人もいれば、「不安でたまらない」「人と上手に話せない」「人間関係がうまくいかない」などといった心の悩みを抱えている人もいる。才能はあるし、チャンスにも恵まれているのに、それを生かすことができないという不幸な悩みを抱えているケースも少なくないのだ。なぜだろうか。
導引でいうよくない人相(凶相)とは、邪気(悪い気)の多い相のことである。「気」とは、目に見えない自然のエネルギーのことだ。気の流れが滞ってしまうと、悪い「気」となって体内にたまり、不調の原因となるのである。過労やストレスなどで体の調子がくずれると、体の一部、たとえば内臓や関節などに気が滞ってしまう。これが邪気となって、病気や不調の原因となっているのだ。
こうした邪気が多くなると、その兆候は顔つきや体型、クセにも表れてくる。しかも悪いことに、そうしたよくない顔つきや体型、クセなどがさらに悪い方向へと導いていることが多い。だから心や体に異常のある人は凶相となり、一目で見抜くことができるのである。

お買物合計3500円(税別)以上で送料無料

道家道学院受講生用ショップ

TOPページへ

二大特典

早島BOOKSHOPメールマガジン

書籍をカテゴリーから探す

最新刊
健康
TAO・生き方
運気
美容
文庫
ビジネス
限定販売
専門
外国語版

お問合せ

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

「道家道学院インターネット事務局」
03-3370-7719

<受付時間> 10:00~19:00